自転車保険とは?

自転車は通学通勤などの場合に便利なものですが、最近では自転車事故も多くなっているそうです。交通事故件数自体は少なくなっていますが、対自転車や対歩行者と接触する事故は増えている傾向にあるそうです。保険会社は、このようなリスクに対応するため、物・相手への補償を行う個人賠償責任補償と自分への補償を行う傷害補償を一緒にした自転車向けプランを販売しています。

個人賠償責任保険というのは、普段の生活において他の人の身体を意図しないで傷つけたり、物を壊したりして賠償責任を負った際、経済的な負担を軽くしてくれるものです。例えば、物がベランダから落ちて通っている人が怪我をした、他の人を自分が飼っている犬が噛んで怪我をさせた、キャッチボールを子どもとしている際、ボールが通っている人に当たって怪我をした、買物している際に誤って備品や商品が損壊したなど、思ってもみなかったようなことで大きな事故になる場合もあります。このような事故の代表的なものとして自転車事故があります。普段自転車を利用するのであれば、自転車保険は必ず入っておきたいものです。

単独では個人賠償責任保険は販売されていないので、別の保険の特約として付帯するようになります。火災保険や自動車保険でも付帯できるため、これらの保険にすでに入っている場合はこれに付帯してもいいでしょう。個人賠償責任保険で補償される範囲は、どのような保険に付帯しても同じになります。 本サイトでは、自動車保険などに付帯、自転車事故への対応、についてご紹介しています。

Copyright © 2014 自転車保険ってなんだろう? All Rights Reserved.